熱海市の来宮の歯医者なら石田歯科医院へ
熱海の石田歯科医院 HOME>石田歯科ブログ

石田歯科ブログ

熱海 歯科 週末はバーベキューをしました
 先週末は歯科大時代の同級生達と都内でバーベキューをしました。

天気は午後から崩れて雨に降られてしまいましたが

外で食べる食事は解放感があって気持ちよく、友人の子ども達も大いに楽しんでいました。

今週も週初めから雨ですが

秋晴れの日には屋外で食事をするのもいいかもしれませんね。


熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院
投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
熱海 歯科 8020運動
 8020運動という言葉を皆さん聞いた事があるでしょうか。

80歳の時に20本の歯を残すことを目標に行っている運動です。

近年では日本人も定期的な歯石除去を継続している人が増えて

直近の調査では80歳の方の平均が約14本くらいにまで上がってきています。

しかし歯科先進国のスウェーデンでは歯科健診とフッ素塗布を義務付けた結果

はるか昔に8020を達成しています。

予防の大切さが良くわかるデータといえます。

私達も定期的なクリーニングを心がけて歯周病の進行を抑え8020を目指しましょう。

熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院
投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
熱海 歯科 歯周病の原因
 歯周病は歯と歯肉の隙間に歯石がつきプラーク(歯垢)が溜まると細菌が繁殖し

炎症を起こす病気です。

程度の差は各々ですが、成人の約90%が歯周病と言われています。

通常30代から起こる場合が多いですが、早い人は20代で始まる方もいます。

歯石を定期的に歯科医院で除去し、正しいブラッシングによってプラークをとりましょう。


熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院
投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
熱海 歯科 歯周病について
 歯周病とは歯を支えている骨が炎症によって吸収する病気です。

骨が吸収するのでそれに付着している歯肉も一緒に下がります。

重度にならないと歯肉の腫れや痛みといった症状に現れないので

気が付かないうちに進行している場合が多いです。

放置していると歯を支えている骨がなくなって抜歯となります。

また骨の吸収が進んでしまうとそれを元に戻すことはできないので

予防が重要となります。


熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院


投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
熱海 歯科 防災訓練
 昨日は第一小学校で防災訓練に参加しました。

歯科医師会の代表として参加したわけですが、救護所の設置、トリアージ訓練、負傷者の搬送

など流れの中での実践的な訓練となり、雨天の中でしたがとても実のある訓練となりました。

地震はいつ起こるかわかりませんが準備はしっかりしておかなければならないと

改めて感じました。

熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院
投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
10