熱海市の来宮の歯医者なら石田歯科医院へ
熱海の石田歯科医院 HOME>石田歯科ブログ

石田歯科ブログ

熱海 歯科 連休に旅行に行きました
 8月も末となり、朝晩の涼しさ、虫の声から秋の気配を感じるようになりました。

これから行楽には一番いい時期になります

来月には大型連休もありますので、少し遠くまで足を伸ばすのもいいかなと思います。


私は夏の連休に軽井沢に行ってきました、緑あふれる自然の良さを改めて実感したので

秋のお休みも自然の中で味覚狩りが第一候補かなと考えています。

ぶどう、なし、ももなど候補はたくさんですが、食べきれない分はジャムにしても

いいですね。

皆さんも良い秋をお楽しみ下さい。

熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院
投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
熱海 歯医者 知覚過敏
 冷たいものがしみるのはむし歯だけではありません

むしろ知覚過敏であるケースが多いように思われます。

歯周病による歯肉の後退または咬み合わせの強い歯、歯ぎしり、くいしばりなど

過度の咬合圧によってもおこります。

歯科医院で塗布できるお薬、知覚過敏用の歯みがき粉、過度の咬合圧で根元が欠けている

場合はつめたり、歯ぎしりが強ければマウスピースを作ったりします。

気になる方はお気軽にご相談下さい。

熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院
投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
熱海 歯医者 むし歯を防ぐには
 う蝕はミュータンス菌が食べかすの糖質を摂取し、酸を作る事が原因で発生します。

むし歯予防で大事なのは食べかす(プラーク)を食後すぐにブラッシングで取り除く事です

また飲食の頻度が高ければそれだけ酸にさらされている時間も長くなるので

間食を減らしたり、糖質の多い甘いものの摂取を控えることも重要です。

酸にさらされている時間が短ければ唾液の働きで酸が中和されて歯の表面は元に戻って

いきます。(唾液の緩衝能、再石灰化)


熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院
投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
熱海 歯医者 むし歯の進行
 むし歯の進行の度合いは4段階になっています。

1度:エナメル質う蝕:1番表層のエナメル質に限られたむし歯です。

2度:象牙質う蝕:象牙質は刺激を伝達するので、ここまで進行すると甘い物や
           冷水などで痛みを感じる場合もあります。

3度:歯髄まで及ぶう蝕:歯の神経まで達するむし歯です。冷たいもの、熱いものの痛み
               何もしなくても痛みがでます。

4度:残根状態:むし歯が大きく進み、歯が崩れている状態です、抜歯になる可能性が高い
          状態です。


3度の状態になるとほとんどの場合神経をとる処置となります、神経をとると歯の寿命は
極端に短くなってしまいます。検診時の早期発見、異変を感じたら放置せず受診をする
のが望ましいです。

熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院
投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
熱海 歯医者 むし歯の痛み
 こんにちは石田です。

今日はむし歯の話をさせて下さい。

大人の歯は硬いエナメル質で保護されていますがケアを怠るとやはりむし歯

になってしまいます。


むし歯の痛みを感じるということは、むし歯がある程度進行しているのですが

大きく分けて

冷水痛(冷たいものがしみる)、温水痛(温かいものがしみる)、自発痛(何もしなくても痛い)

咬合痛(物を咬んだ時に痛い)などがあります。

これらの症状が強くみられた場合は、むし歯の可能性もあるので歯科医院の受診を

おすすめします。

熱海の歯科(歯医者)なら石田歯科医院


投稿者 石田歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
11